体内に蓄積できないDHA

DHAや、EPAはどちらも青背の魚に多く含まれる成分です。食事の欧米化で魚を摂取することがすくなくなった日本人にとっては、ぜひ積極的に摂っていきたい成分です。成長期のお子さんから、メタボリックシンドロームが気になる世代まで幅広く利用できます。

EPAやDHAは、人間の体内で摂取することができませんので、食事やサプリメントで摂取する必要がありますが、一度にたくさんの量を摂るよりも毎日すこしずつ摂った方がいいでしょう。体内に蓄積ができないからです。

日本人ではもともと漁村で1日2.5から3グラム弱、農村部で1グラムくらい平均して摂っていたといわれるDHAですが、最近の食生活では1グラム摂ることもないかもしれません。そんなときにはDHAサプリですね。

だいたいのDHAサプリの1日の摂取量が1グラム、1粒くらいなので、そう多量に摂ることはありませんが、大事なことは、毎日少しずつ摂取すること、DHAサプリならそれは可能ですね。お料理の手間も省けますし、時間も場所も問わないで、いつでもEPAを摂ることができるのが非常に便利ですし、魚を食べたあとの口臭や魚臭さを避けることができます。体のために、脳の為に、定量を摂って毎日の健康に役立てましょう。

このサイトについて

DHAを続けるとどんな効果がある?

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。