お魚にまつわるあれこれ

タンパク質を摂取するなら、べつに肉でも、卵でも、大豆でも変わらないし、魚があまり好きではないから、とくに食べることはない、という日本人も多くなってきているかもしれません。魚の摂り過ぎで水産資源が脅かされている近頃の日本では、魚の価格が上昇しているのもあって、他のタンパク源、動物性タンパク質、そしてヘルシー嗜好、ダイエットもあって、大豆商品が人気を集めているようです。

ズバリ、魚と肉の脂質の違いはどこにあるのかというと、それは脂肪にあります。肉の脂肪はコレステロールが多く、体に脂肪として蓄積されやすいのですが、反対に魚の脂肪は、コレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸が多くなっていて、低エネルギー、しかも太りにくい成分になっています。

同じ油をとるなら、より健康的で体によい油を摂りたいのは当たり前です。それならば、新鮮なお魚を食べて、ちゃっかりダイエットにも成功してしまいましょう。しかし、内臓や卵には沢山のコレステロールが含まれていますから、もし健康診断でコレステロール値が高いと言われている人は、残念ながら、魚の卵はパスです。魚の皮やお頭つきで食べると、より良質のDHAを摂ることができるでしょう。

このサイトについて

DHAを続けるとどんな効果がある?

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。