眠れない人にもDHA

不眠症は、精神的、肉体的な緊張、ストレスによって起こるとされています。もちろん色々な病気が隠されている可能性がありますが、寝付きが悪い、そして眠りが浅くてすぐに起きてしまう、また朝早く目覚めてしまうなど、体がしっかり休めていないまま新しい一日を始めるのは苦痛ですよね。しかもその不眠の状態がかなり長く続いていたら体に不調がでてきてもおかしくありません。

不眠症のタイプわけをすると、まずは入眠障害があります。寝付きが悪い状態のことで、不眠の症状としてはかなり多いです。つぎに熟眠障害です。眠りが浅くてぐっすり眠れず、寝覚めが非常に悪く、疲れも溜まりやすいです。

また、中途覚醒は、夜中に何度も目がさめてしまう症状です。おトイレに行く為に何度も起きてしまうこともあり、これは他の病気によっても引き起こされます。早朝覚醒は、加齢するとよく見られる症状で、寝付きが悪くはないが、朝早く起きてしまうタイプです。もし十分な休息がとれていれば、とくに問題はありません。

原因としては、精神的な緊張、ストレスや高血圧、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群などがありますが、まずは不眠を減らすためには、原因の特定をして、リラックスして眠る環境づくりが必要なようです。DHAは、セロトニンの合成を助け、不眠に効果があるようです。

このサイトについて

DHAを続けるとどんな効果がある?

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。