DHAはお魚以外でも摂れる?

DHAは、まぐろやかつお、あじやいわし、ぶり、さんまなど魚のなかでも青背の魚に多く含まれています。ですから、これらの魚が食卓に多く登場するという方は、DHAサプリをわざわざ摂取する必要はないでしょう。魚に含まれる水銀や重金属などの懸念がなかったら、または一定量以上、食べ過ぎることがなかったら、魚で十分にDHAを摂ることができます。

魚が苦手であれば、DHAやEPAのサプリを利用することになりますが、それ以外にも似たような作用をする成分に、αリノレン酸という成分があります。このαリノレン酸も体内で作る事が出来ない必須脂肪酸で、体の中に入ると、なんとDHAやEPAに変わるというのです。EPAのサプリメントを試したいが、魚にアレルギーがあって絶対大丈夫であるか確信を持てないという方は、このαリノレン酸を沢山摂る様にしてください。

αリノレン酸は、食品ですと亜麻仁、くるみ、チアシード、エゴマなどに含まれている成分であり、このαリノレン酸自体もサプリメントで摂取することも可能です。DHAを摂るといってもこれだけの選択肢があるので、自分の体質にあっている方法を使って体や脳のために十分なDHAを摂取してみてください。まだまだEPAには未知の健康効果が沢山隠されているかもしれません。

このサイトについて

DHAを続けるとどんな効果がある?

免責事項
当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

著作権について
当サイトの利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。